乳がんとは?

乳がんは女性にもっとも多い「がん」

37_images_14337308031
乳がんは、日本では急速に増加傾向にあり、現在年間約3万6千人が発病し、現在女性のがんでは胃がんを抜いてもっとも多くみられるがんです。
日本では欧米とは異なり、40歳~60歳台に多くみられ、12人に1人が乳がんになると言われています。しかし、乳がんに対する関心や受診率はいまだに低く、気付いたときには乳がんが進行していたというケースが多いようです。 

 乳がんは早期に発見すれば治癒率が高い病気です。

女性の乳がん患者数は40歳を境に急増しています。

37_images_14337156101
乳がんにかかりやすい女性とは? 

・出産経験がない、あるいは初産が30歳以上
・初潮年齢が早く、閉経年齢が遅い(55歳以降)
・肥満(特に50歳以上で標準体重の+20%以上)
・乳がんの家族歴(特に母、姉妹)
・乳がんの既往(反対側の乳房が乳がんになる危険性が高い)

乳がんの主な症状

・乳房にしこり 

『しこり』は5mmから1cmぐらいになると、自分でわかるようになります。
硬くて、動き(可動性)の悪いときは、早く受診してください。ただし、しこり=がんではなく、良性のしこりも多くみられます。 

・乳房の皮膚の発赤・えくぼ・乳首の変形

乳房の左右を見比べて、赤い部分(発赤)、くぼみ(えくぼ)、乳首が片方今までと違う方向を向いていたら要注意です。 

・乳頭分泌物 

片方の乳首から血性の分泌物が出たときや一つの穴から出るときには、一度分泌物の細胞を調べたほうがいいでしょう。

マンモグラフィやエコー(超音波)検査には写らない病変があることをご存知ですか?

MRIガイド下生検を開始しました。詳しくはこちら

当院へのお問い合わせは:

TEL 045-869-6888 (9:00~16:00)

TEL 045-881-8817 (8:30~9:00/16:00~17:00)
※予約関係以外のお問い合わせ
ご予約または予約変更の方は9:00~16:00におかけください