乳がんとは?

乳がんは女性にもっとも多い「がん」

  現在,乳がんはもっとも多い「がん」・・・

37_images_14337308031
乳がんにかかる女性は年々増加傾向にあり、現在は、年間9万人の方が新たに乳がんと診断されています。女性に最も多い「がん」であり、11人に1人が乳がんになると言われています。年齢別にみると、40代をピークに、40-60代に女性に多いことがわかっています。

女性の乳がん患者数は40歳を境に急増しています。

37_images_14337156101
一方で、乳がんは、早期発見・治療により、治癒が望める疾患です。
自覚症状がないからと安心せず、定期的な乳がん検診をお勧めします。
もし、以下のような気になる症状がある場合は、乳腺外科外来へご案内しております。

 ・乳房にしこりや塊を触れる
 ・乳頭から赤~茶色い分泌物(出血)がある
 ・皮膚にエクボのような「ひきつれ」や「くぼみ」がある
 ・皮膚が赤く変色したり、浸出液がある

一方、生理前に乳房が少し痛む・張るといった自覚症状は、女性ホルモンの影響などで現れることもあるため、日常生活に支障ない程度の痛みであれば検診にご案内しております。

乳がんの主な症状

・乳房にしこり 

『しこり』は5mmから1cmぐらいになると、自分でわかるようになります。
硬くて、動き(可動性)の悪いときは、早く受診してください。ただし、しこり=がんではなく、良性のしこりも多くみられます。 

・乳房の皮膚の発赤・えくぼ・乳首の変形

乳房の左右を見比べて、赤い部分(発赤)、くぼみ(えくぼ)、乳首が片方今までと違う方向を向いていたら要注意です。 

・乳頭分泌物 

片方の乳首から血性の分泌物が出たときや一つの穴から出るときには、一度分泌物の細胞を調べたほうがいいでしょう。
MRIガイド下生検を開始しました。詳しくはこちら

岡本院長がお答えします

岡本院長

当院へのお問い合わせは:

TEL 045-869-6888 (9:00~16:00)

TEL 045-881-8817 (8:30~9:00/16:00~17:00)
※予約関係以外のお問い合わせ
ご予約または予約変更の方は9:00~16:00におかけください


インターネット予約